ネットワーク共有

ネットワーク共有ディスクを使用する(クライアント)

Windowsパソコンや、Windows準拠のネットワーク共有ディスクを提供しているPCとの接続は簡単だ。
ファインダを開いて、ネットワークを表示をクリック
NetWork1.png

Microsoftネットワーク→ワークグループ/ドメイン→コンピュータ→共有ディスクをクリックして開ける。
ダイアログが表示されるので、ユーザ名、ワークグループ/ドメイン名、パスワード、オプションを指定して接続ボタンを押す。
NetWork2.png

ネットワークに接続したコンピュータのディスクやファイルにアクセスできるようになる。
NetWork3.png

取り外しボタンをクリックすれば、接続は切断される。
接続したままパソコンをログアウトしたら、次回から共有ディスクを自動的に接続する。
毎回パスワードを聞かれるのが嫌な場合はパスワードを「期限なしで記録する」を選択して接続すること。


ネットワーク共有ディスクを提供する(簡易共有サーバー)


ファインダの操作で、自分のディレクトリをネットワーク共有ディスクにすることができる。
ファインダを開いて、共有したいディレクトリを選んで右クリック。共有のオプションを選択する。
初回に限り、共有ディスクに必要なプログラムをインストールするメッセージが表示される。
installSmb.png

プログラムをインストールしたら、システムの再起動が求められる。
smbRestart.png

再びファインダで共有したいディレクトリを共有のオプションで開く。
オプションを指定して、共有を変更 ボタンを押す。
smbOption.png

  • このフォルダを共有する。チェックはずすとディスク共有を止める。
  • 共有名 共有ディスクの名前を指定。実際のフォルダ名と違っても構わない
  • コメント ファイルマネージャを詳細表示するするとこのコメントが表示される
  • このフォルダ内でのファイルの作成・削除を他のユーザに許可する チェックすると読み書き可能、外せば読み込み専用
  • ゲストによるアクセス ユーザ名・パスワードを聞かれずに共有ディスクが使用できるようになるが、読み込み専用

ここでいう他のユーザとは、このコンピュータにユーザーアカウントがあるユーザのこと。
簡易共有サーバは、ユーザーがGnomeにログインしているときしか使えない。
パソコンが動いているときに、いつでもログインできるようにするには、サーバーの設定を変更する必要がある。

ネットワーク共有ディスクを提供する(共有サーバー)


簡易共有サーバーの設定を行うことで、共有サーバーに必要なパッケージは導入済みである。
簡易共有に使ったディレクトリを共有サーバーに使うなら、簡易共有は停止する。

管理者モードで /etc/samba/smb.conf ファイルを修正する
sudo gedit /etc/samba/smb.conf
管理者モードで sambaを再起動する
sudo service smbd restart
sudo service nmbd restart

smb.confファイルで変更したほうがよい箇所

[global]
 workgroup = ワークグループ名
  security = user

追加する内容(サンプル)

[public]
  comment = Public folder
   read only = no
   locking = no
   path = /var/samba/public
     valid users =接続を許可するユーザ名
   guest ok = no


[共有名]
  comment = ファイルマネージャの詳細表示で表示される共有ディスクの説明
   read only = 読み書き可能か読み込み専用か
   locking = ロック制御を行うかどうか(yesは性能下がる)
   path = 共有するディレクトリ
   valid users =接続を許可するユーザ名 (スペース無視、カンマで複数ユーザを指定)
   guest ok = ゲストアカウントが有効か

基本的な設定ではユーザ名とパスワードは、Linuxのパスワードを使用するので、
ユーザアカウントを事前に作成する必要がある
共有ディレクトリを作るのも当然。



  • 最終更新:2012-04-18 02:09:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード