フォントの管理

Comice(Ubuntu/Debian) でフォントはどこにあるか?


システムにインストールしたフォントは /usr/share/fonts の下に
X11 (X Window Systemのビットマップフォント)
opentype (OpenType フォント)
truetype (TrueType フォント)
type1 (Adobe PostScript フォント)
cmap (Adobe フォントの文字コードと字形情報の関連付けファイル置き場)
のディレクトリがあって、種類ごとに分類されている。

またユーザが /home/ユーザ/.fonts 隠しディレクトリにフォントを
ファイルを置くことでフォントを自分専用にインストールすることもできる。

フォントのインストールの手順としては、フォントファイルを適当な場所にコピーし、フォントキャッシュを更新する。
フォントのアンインストールの手順としては、フォントファイルを削除し、フォントキャッシュを更新する。
となる。

/usr/share/fonts の下に直接コピーしても、サブディレクトリを作ってコピーしても、リンクを貼って
どこか別の場所にコピーしても構わないが、/usrディレクトリの中の操作にはスーパーユーザ権限が必要である。

( Windowsのデュアルブートマシンで、Windowsのファイルシステムが「見えている」なら、そこにリンクを
通すという 荒業つうか裏技もある。)

インストールしたフォントをデスクトップの標準ファイルとして使用するには、gnome-tweak-tool (Gnome3)や
システム情報メニューあたり(Gnome2)で設定することになる。

またアプリケーションの標準フォントに使用したり、ワードプロセッサーやグラフィックスソフトで必要な箇所のフォントを指定するのは
アプリケーションの設定ダイアログなり、ツールバーあたりで設定することになる。

さて、フォントキャッシュの更新は次のコマンドが便利だ。
fc-cache -f -v

このコマンドの注意点は、ユーザごとの .fonts 隠しディレクトリも探索の対象なので、
原則、 スーパーユーザで実行しない

コピーあるいは削除した後の、もうひと手間を忘れないようにしましょう。 ではまた。

GNOMEのフォントビューアを使う方法


適当なサイトからTrueType フォントをダウンロードする。
(普通はホームディレクトリのDownloadsディレクトリに保存される)
ファイルマネージャを起動してDownloadsディレクトリを開き
もし、ZIP ファイルなどであれば、右クリックして、ここに展開を選び、ttf, ttcファイルを得る
次に、ttf,ttcファイルをクリックして、フォントビューワに表示させる
「フォントのインストール」ボタンをクリックすると、ホームディレクトリの .fonts 隠しディレクトリ
にフォントをコピーしキャッシュを更新してくれる。

フォントの削除は無いので、上に示した方法でやると。


  • 最終更新:2012-05-24 10:36:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード