導入メモ

導入メモ

PearLinux 5 の概要

Ubuntu 12.04 LTS をベースにしたディストリビューションです。
Gnome-Shell を使用しています。
Docky アプリケーション ランチャ他を使用して、Apple Mac OS X 風になっています。
そういえば、リンゴとナシって..。

入手

PearLinux のホームページからDVD ISO イメージがダウンロードできます。
x86用とx64用がありますが、どちらも Core プロセッサを使っているような、最近~数年前までの PC 向きです。

ライブDVD

適当な CD/DVD ライティングソフトで、インストール DVD を作成してください。
DVD は ライブDVDになっていて、OS の試用が可能です。

  1. DVDをPCに装着してパソコンの電源ON
  2. ブートメニューを操作してCD/DVDから起動してください
  3. メニューより Live DVDを選びます。いきなりインストールのオプションもあります。
  4. 起動するまでしばらくおまちください

起動できなかったら、(1) PCや周辺機器が PearLinux にあっていないか、
(2) メディアがおかしい のいずれかです。

  • 画面が正しく、適切な解像度で表示されるか
  • マウスやタッチパッドは動くか
  • キーボードから入力できるか(とりあえず英数字)
  • インターネットに接続できるか
  • 動画は表示できるか
  • 音楽は再生できるか
  • Webカメラは使用できるか
  • 外付けディスク,CD,DVD,メモリカードはマウントできるか

などを確認できればよいと思います。プリンタは認識されても適切なドライバが
インストールできないことが多いです。気にしないで。

逆に、この辺がうまくいかなくて、自分で解決できそうにないと思ったら
無理にこの OS を使わなくてもよいと思います。

インストール

画面左上のインストーラアイコンをクリックしてもよいですし、
一旦パソコンを再起動して、起動時メニューから、HDDへのインストールを選択しても構いません。
Debianのインストーラが起動します。

  1. インストールの言語の選択
  2. インストールのオプションを指定
  3. インストール ハードディスク(パーティション)の選択
  4. タイムゾーンの設定
  5. キーボードの設定
  6. 管理ユーザとパソコンの名前を指定する

の順に設定します。

言語の選択

インストール時の言語で、パソコンを使うときの言語は後で設定します。
日本語を選べば、よりわかりやすいと思います。

インストールのオプション

LIVE DVDでインターネットに接続できたのなら、DVDに収録されている
ソフトの修正版をインターネットから取得しながらインストールしたほうがよいでしょう。

サードウェアのソフトウェアのインストールをチェックすると、DVDや音楽の再生に便利なフリーでないソフトウエァをインストールします。

ハードディスクの選択

ハードディスクの使用法はインストールにお任せするのが簡単ですが、
私は1.5TBのSATAディスクを次のように分割しました。

デバイス名 容量 マウント先 ファイルシステム種類 フォーマット
sda1 8GB スワップ領域 swap  
sda5 150GB / ルートディレクトリ ext4 フォーマットする
sda6 150GB 未使用    
sda7 残り(1.2TB) /home ディレクトリ ext4 フォーマットする

OSをインストールする度に/homeディレクトリにあるデータをどこかに避難するのは
大変なので、/homeだけはシステムと切り離しました。
サーバのデータを/varに置くのなら、varもシステムと切り離してもいいですね。
本格的には別のハードディスクを用意して、そちらに置くほうがよいでしょう。

  • 最終更新:2012-07-24 21:12:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード