Empathyのぐだぐだ

EmpathyはGnomeで動くインスタントメッセンジャーです。
特徴としては、
  1. いろんな会社のメッセンジャーとつながる
  2. サービスによっては音声・映像通話ができる
  3. Gnomeデスクトップと統合されている

これ1本で複数のアカウントの相手とチャットをすることができます。

Google chat

Empatyは音声・映像会話もサポートしているのだが、GoogleさんがGoogle+ になって音声・映像チャット機能を刷新してから具合が悪い。
EmpathyではなくPC側が。Googleメールのチャットからビデオチャットやボイスチャットを更新するのだが、うちの Windows7,64bit,IE9にはどうしてもインストールできねぇ。聞いてみると知り合いの MacAirでもインストールできないそうだ。もしかして、クローム必須? だとしたら嫌だなぁ。
ということで、文字のみのチャットということに。

MSN

2009年頃、EmpathyはMSNユーザとの音声・映像会話がサポートできましたといって、Linuxユーザをおおいに喜ばしてくれたものだが、ほどなくして、Microsoftがディレクトリサーバを変更してしまった。
それ以降、EmpathyとしてはMSNとの音声・映像会話はサポートやめたそうな。
しかし、MSNに接続しておくと、MSNメッセンジャーのユーザからの音声会話の要求が届き、会話はできる。
Empathyからは他のユーザ(MSNメッセンジャや、Empathyなど)への音声会話の要求はできない。映像はどっちからも無理臭い。どうなっているのやら。
(誰かがハッキングするとどうにかなりそうな感じではある)

Skype

標準ではサポートしていないが、pidgin-skypeというパッケージをインストールすると、hazeというコンポーネントを介して、EmpatyがSkypeをコントロールできるようになる。
すると、Empathyの連絡先にSkypeユーザの連絡先が取り込まれたり、EmpathyからSkypeの相手と会話を始めることができるようになる。
EmpathyからSkypeをコントロールしている間は、Skypeのウィンドウを表示しないでくれたらモアベターなんだが、まぁいいか。

Yahoo Japan

数年前はできたような気がしたが、今はつながらねぇ。
Yahoo Japanのシステム変更でもあったのかな。

Yahoo World Wide

Yahoo Japanはソフトバンクの暖簾分けというか別サーバー別システムなんで、本家の設定はYJとは別。
でもYWで知り合いはMSN持ってるから、いらねぇなあ。

他に、ローカルなチャット,Jabber,AIM,ICQ,IRC,Myspace,Ekiga,Facebook Chatなんかもつながるらしいが実力のほうは未確認。
文字だけのところは大丈夫なんじゃないかな?と思う。

  • 最終更新:2012-04-18 20:45:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード