VPC2007にUbuntu804

Visual PC 2007 に Ubuntu 8.04

Microsoft の無料の仮想マシン Visual PC 2007 に Ubuntu 8.04 をインストールしようとCDをセットして
「試しで使う」「インストール」「セーフグラフィックスモード」を選んでも、仮想PCがリセットされて全然
動かない。で、とりあえずあきらめていました。

で、しばらくして見ると、インストールに成功した人からの報告があがってきました。

今回はこれに沿って、日本語チーム版の Ubuntu 8.04 デスクトップCDがインストールできたことを報告します。

インストールの手順


  • Microsoft から Visual PC 2007 SP1 が出ています。Vista SP1, XP SP3, 2008 Serverの人は使ってください。
  • VPC2007を実行し、新規マシンを作成し、メモリは512MB以上、ハードディスクは8GB以上を用意します。
  • UbuntuのISO CDイメージファイルをCDとして使用するほうが、CDを焼いてCDドライブにセットするより早いです。
  • CDをセットして仮想PCをリセットすると、最初のメニューが表示されます。
  • お試しモードでF4 キーを押して、セーフグラフィックスモードを選んで Enter
  • さらに、F6 キーを押して行末にオプションパラメータを指定します。 vga=791 noreplace-paravirt
  • オプションを指定してやるとGNOMEがたちあがって、インストールのアイコンが出ます。
  • ネットワークアイコンをクリックしてネットワークを有効にします。
  • インストールアイコンをクリックしてインストールを行います。
  • ハードディスクは仮想マシンの仮想ディスクなのですべてUbuntuに割り当てでかまいません。
  • GRUBブートローダも仮想ディスクにインストールし最後までいったら再起動します。
  • 再起動できるはずですが、もし駄目だったらリセットして、GRUBのメニューを表示するためにESCキーを押してください。
  • 上に指定したオプションパラメータをつけて再起動します。
  • インストールが終わってネットワークに接続したら、アップデートマネージャが自動的に起動して、セキュリティパッチを当ててくれます。

サウンドドライバの導入


VPC2007はサウンドブラスター16をシミュレートしています。snd-sb16ドライバを使えばサウンドを再生できます。
/etc/rc.local ファイルを管理者権限で編集して、snd-sb16ドライバをロードさせます。

$ sudo vi /etc/rc.local
#####
## rc.local ファイルのコメントいろいろ
#####
modprobe snd-sb16
exit 0

再起動して、システムメニューの設定のサウンドを選んで、ドライバタブをクリックして、自動認識になっている
ドライバを ALSA の使用に明示的に切り替えます。ミキサーも SND-SB16 のミキサーを使用します。

高解像度画面を設定


インストール直後の xorg.conf では、画面は 800x600 で小さいままです。
/etc/X11/xorg.conf を次のように編集します。
  • ALT + F2 キーを押してプログラム名を指定して起動で、 gksu gedit /etc/X11/xorg.conf とするか
  • アプリケーションメニューのアクセサリから端末を起動し、sudo gedit /etc/X11/xorg.conf とするか
どちらでも管理者パスワードを入力します。管理者パスワードは1人でUbuntuを使っている場合、
あなたのログオンパスワードと同じです。

Monitor および Screen セクション以外は、変更しません。

[変更前]

Section "Monitor"
  Identifier    "Configured Monitor"
EndSection

Section "Screen"
  Identifier    "Default Screen"
   Monitor        "Configured Monitor"
   Device        "Configured Video Device"
   DefaultDepth    16
EndSection

[変更後]

Section "Monitor"
      Identifier "Generic Monitor"
       VendorName "Monitor Vendor"
       ModelName "Monitor 1024x768"
       HorizSync 31.5 - 57.0
       VertRefresh 50.0 - 70.0
       Option "dpms"
EndSection

Section "Screen"
  Identifier    "Default Screen"
   Monitor        "Generic Monitor"
   Device        "Configured Video Device"
   DefaultDepth    16
   SubSection    "Display"
       Modes    "1024x768" "800x600" "640x480"
   EndSubSection
EndSection

要点は、X windows systemにお任せだったのを、いくらか具体的に指定したことです。

  • 最終更新:2008-11-08 19:08:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード